2015年1月より「新船小屋病院」は「船小屋病院」へと名称が変わりました。

医療サービス

認知症に関する当院での活動

昨今の高齢化にともない、認知症は大きな社会問題となっております。
当院では周辺地域全体の「認知症に対する理解」と「認知症介護サービスの質の向上」行政機関、医療機関、介護サービス事業所等との「ネットワーク構築」を目的としまして研修会や事例検討会を開催しております。

これまでの活動内容

H27.3.19 船小屋病院(介護施設職員、行政機関、医療機関対象)
認知症研修会
『認知症看護について考える』当院認知症治療病棟看護師発表
『認知症のリスク管理とBPSDを引き起こす心情』院長講演
H26.5.15 九州芸文館(介護施設職員、行政機関、医療機関対象)
認知症研修会
『アルツハイマー型認知症のスクリーニングキット「Me-CDT」の説明』ヤンセンファーマ株式会社
『事例発表2事例』筑後市地域包括支援センター、当院職員発表
『福岡県南筑後保健福祉環境事務所よりコメント』
『成年後見人制度と日常生活自立支援事業の違い』院長講演
H26.1.16 みやま市瀬高町公民館にて(市民、介護施設職員、行政機関対象)
市民公開講座 認知症セミナー
テーマ『住みなれた家で生活を続けるために』
南筑後保健福祉環境事務所からのメッセージ
みやま市地域包括支援センターの取り組み
認知症の予防・症状・治療について 院長講演
H25.05.16 サザンクス筑後にて(介護支援専門員対象)
『事例発表1症例』介護老人保健施設 寿苑
『介護支援専門員の真の役割』院長講演
H25.01.08 瀬高公民館にて(介護施設職員対象)
『事例発表2症例』軽費老人ホーム船小屋荘 当院認知症治療病棟発表
『認知症の診断と治療』院長講演
H24.09.11 介護老人保健施設 寿苑にて(介護施設職員対象)
『認知症高齢者の理解とケア』院長講演

ページの先頭へ移動